山形自慢の『さくらんぼ』『ブルーベリー』『岩がき』『だだちゃ豆』『ラフランス』『つや姫』など食べても贈ってもうれしい品ばかり。
季節感あふれる逸品を一番美味しい時期に生産者から直送!みなさんに愛され続けて運営16年目。安心・信用の証です。

一押し生産者
  • (富)伊藤農園
  • 鈴木農園
  • 遊農くらぶ
  • 伊藤農園(甲)
2017年5月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
2017年6月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
  • 休日
赤印の日が休業日です。
休業日でもメールでのご注文はお受けいたしますが、メールの返信、発送の手配は翌営業日以降になりますのでご了承ください。

suzukinoen

ブルーベリーとの出会いは大きな転機
一途な思いが日本一の農園へと花ひらく

日本一の農園は清々しい風が渡る月山高原

標高250mの月山高原に位置する鈴木農園では、8000本以上のブルーベリーが無農薬栽培され、その規模は日本一の広さを誇ります。
ここからは月山や鳥海山、そして日本海を望むことができる絶景ポイントですが、冬は雪も多く風も強い厳しい自然環境。しかしそれはブルーベリー栽培には最適な場所でもあったのです。

広大なブルーベリー畑広大なブルーベリー畑

それは一目惚れからはじまった

代々専業農家を担ってきた鈴木さん。30年前、転作にする作物に何が良いか模索していた時に<ブルーベリー>との出会いがありました。可憐なブルーベリーの花や実を見て鈴木さんは一目惚れ。さっそく国内のブルーベリー栽培では第一人者である長野の農園に何度も通い研修を重ねながら勉強し、翌年1000本のブルーベリーを植え、栽培がスタートしたのです。

そして現在は、東京ドーム2.5倍の園内に約8000本のブルーベリーを栽培する日本一の規模に成長しました。さらに実を摘み取って食べることができる「観光農園」でのお客様とのふれあいは、鈴木さんのなによりの楽しみ。家族の笑顔を見たり、会話を聞いたりすることで、これまでの苦労が報われるようだとおっしゃいます。

鈴木さん観光ブルーベリー園

収獲のよろこびが苦労を忘れさせる

ブルーベリーの品種は200種以上。さらにいくつかの系統にわかれていて、気温や気候によって適応する地域は異ってきます。鈴木さんが栽培をスタートした1000本のうち、品種は7~8種を試しました。栽培を進めていくうちには枯れたものもありましたが、試行錯誤を重ね毎年500本ずつ増やし徐々に栽培面積を広げていきました。

もともと病気や害虫に強いブルーベリーですが、デリケートな部分も多く、土壌改善や有機肥料の選択、さらに雪から守るため木の雪囲い、枝きりや除草、そして収獲と、ほとんど人の手による作業の連続です。

栽培をスタートさせてから三年。様々な苦労を重ねながらも、一目惚れをしたブルーベリーが収獲できるほどに成長しました。可憐な実はこれまでの努力の賜物。特別な思いがあったにちがいありません。以来「手をかけただけ、素晴らしい実をつけてくれる」と手間隙を惜しまず愛情をタップリと注いでいるのです。

笑顔が溢れる観光農園

ブルーベリーが旬を迎えると観光農園がオープンし、ブルーベリー狩りを楽しもうと県内外から4000人以上の人たちが訪れています。家族やカップルたちがブルーベリーを口に運びながら、「おいしいね!」と笑顔になる様子を見ると、鈴木さんはブルーベリーを育てていて本当に良かったと心から感じるといいます。

農園を訪れる人たちも「ブルーベリーがこんなに美味しいと思わなかった」とか「自然がいっぱい、景色とたく
さんのブルーベリーに癒される」と、毎年いらっしゃるお客様もたくさんいらっしゃいます。こういったふれあいが、鈴木さんにとって何よりの喜び。苦労しながらもブルーベリーを育てる張り合いとなっています。

摘み取りができる畑にも様々な品種のブルーベリーが育っていて、木のそばに案内されているものだけでも<スパータン><ブルークロップ><デキシー>など10種類。どの品種がお気に召すか食べ比べるのも楽しいですね。

ブルーベリー品種コリンズブルーベリー品種ブルーレイ

ブルーベリーの花熟したブルーベリーの実